三洋製紙株式会社

採用情報

事業案内

製紙事業

段ボール用中芯原紙を
主力製品として生産しています

原料には全量リサイクル古紙を利用し、コンピューター制御された大型抄紙機で高品質・高付加価値の製品を安定生産しています。

また、省エネ・省力化を進めるとともに新製品の研究開発にも取り組み、農業用再生紙『カミマルチ®』の製品化に成功しました。

段ボール用中芯原紙
段ボール用中芯原紙
農業再生紙カミマルチ
農業再生紙カミマルチ
古紙リサイクル
古紙リサイクル

主要設備

抄紙機

抄紙機
  1号抄紙機 2号抄紙機
型式 長網多筒式 長網多筒式
ワイヤー幅(mm) 3,120 4,600
取り幅(mm) 2,750 4,210
最高抄速(m / 分) 450 800
抄造米坪量(g / m2 90~220 90~220
生産能力(t / 月) 6,000 16,000

自家発電設備

1987年に導入した自家発電設備は、ボイラーで造られた高圧蒸気と、抄紙機に使用する蒸気との圧力差をエネルギーとして利用し、工場で使用する全電力の9割近くを発電しています。 設置当初より、排煙脱硫装置・ガス再循環ファン・低NOxバーナー等、環境に配慮した設備を導入しており、排煙の排出基準を大きく下回っています。

近年、様々な地球環境問題がいわれる中、当社でも更により良い環境づくりをめざし、湿式電気集塵装置を設置しました。これにより、煙突からの排気を一段とクリーンな状態にしています。

設備  
ボイラー設備 130 t/hr
自家発電設備 9,600 kW
特高受電設備 15,000 kVA

付属設備

お客様のニーズに迅速に対応できるようにと考え、物流の迅速化・効率化を進めています。その対策の一つとして、1996年・1998年には、冬の吹雪・梅雨の雨等の中でも効率的に製品の積み込みができるように設計された、倉庫を新設しました。

鳥取市千代水にある物流センターと共に、当社物流のかなめとなっています。

鳥取港 重油・薬品基地

鳥取港に設けられた三洋製紙の重油・薬品基地は、三洋製紙の重油・水酸化マグネシウム等の受け入れ用の基地として、重要な役割を担っています。

タンカーにより運ばれてきた重油・水酸化マグネシウム等は、ここで一時的に備蓄され、三洋製紙へと運ばれて行きます。